モンゴルから世界へ FC Sumida Ulaanbaatar Champion!

FC墨田ウランバートル会長の森本高史です。2009年11月、世界一になるべくモンゴルでサッカークラブを作りました。13年4月新体制としてスタートを切りました。応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<世界最大ゴチアカップ> 世界的英雄ラーションが見守る天覧試合を体験

IMG_3841_convert_20110721000822.jpg

IMG_3837_convert_20110721001411.jpg


The World Youth Cupというネーミングを持つゴチアカップ。

7月18日夜にオープニングセレモニーが大々的に行われた。

IMG_3864_convert_20110721003412.jpg

IMG_3862_convert_20110721001704.jpg

IMG_3853_convert_20110721003748.jpg


気分をリフレッシュして臨んだグループリーグ第2戦 IFK Haninge(スウェーデン)が7月19日12時に行われた。

相手はそれほど強くない。勝てる、勝てるぞ。だが、同じようなレベルの相手に緒戦を落としたように、油断してはいけない。「強い方が勝つではなく、勝った方が強い」(キャプテン翼)なのだ。

3分、またもや先制点を許す。スローインから相手の突破を許してしまった。

サッカーは1点を争うスポーツ。試合は20分ハーフであるだけに、失点の後にずるずる行ってしまうことは多々ある。

その後5、6分は相手が勢いに乗って攻めてくる。2点目を許せば敗戦は決定的=グループリーグ敗退。

決して美しいサッカーではないが、なんとか耐えた。

10分を過ぎると、ペースを取り戻し、攻める。相手も体を張ってゴールを守る。

17分、幸運の女神は微笑んだ。ニンバヤルのクロスが、風に乗ってそのまっまゴールイン。最初は本人は
驚きを隠せなかったが、同点弾を確認するとチーム全員で喜びを爆発。

*ゴールを決めたニンバヤル
IMG_3896_convert_20110721003958.jpg


18分、相手のぼーるをすぐさま奪い、ゴール前へ。GKがボールを処理できず、ダライツェレンが無人のゴールへ蹴り込んだ。

1分間で逆転に成功。19分には3点目を奪えるチャンス外したが、最低限の結果を手にすることはできた。

2-1でハーフタイムへ。

後半は、負ければグループリーグ敗退の相手の猛攻を受けた。デレン墨田はいい形でのカウンターアタックができず、苦しんだ。

IMG_3894_convert_20110721004207.jpg


だが、ゴールを守ることもサッカーで最も重要な3つの仕事の一つ。

全員で一丸となって守り、2-1で勝利。

昨年のゴチアカップは、グループリーグ3連敗、Bトーナメント(グループ3位、4位が参加)緒戦敗退、今年のグループリーグ緒戦敗退と5連敗中だったが、栄えあるゴチアカップ初勝利!

新たな歴史を作った選手たちに感謝。 決勝トーナメントに行くぞ!



グループリーグ第2戦 VS IFK Haninge
7月19日12:00 
デレン墨田 ○2-1(2-1)
得点 :17分ニンバヤル、18分ダライツェレン
失点:3分

*20分ハーフ

デレン墨田・スタメン
GK:エルデネジャルガル
DF:エンヒゾリグ、ムンヒジャルガル、ニンバヤル、ハッタントゥルガ
MF:ガントグトフ、テムレン、ガンエルデネ、ウヌルエルデネ
FW:ダライツェレン、ジャンシエリク

IMG_3906_convert_20110721013449.jpg



グループリーグ第3戦 VS Sussex Elite(イングランド)戦は、7月20日8時に行われた。

今回のスウェーデン遠征では、いつもスウェーデンとノルウェーのチームとの対戦だった。デレン墨田史上初のサッカーの母国イングランドとの対戦に大きな名誉を感じる。

デレン墨田は、勝点3で3位。相手は勝点4で首位。グループリーグ突破のためには、勝利がマスト。ドロー、敗戦ならばグループリーグ敗退。非常に重要な試合だ。

相手はそれほど強くないと感じたが…

3分、クリアミスが続き、失点。

早くも2点が必要になってしまった。

ダライツェレンはチャンスを作った。過去の試合と同じく外してしまう・・・

0-1のままハーフタイム。

IMG_3908_convert_20110721012913.jpg


後半もダライツェレンがゴールに迫る。フリーでGKとの1対1を外す。

イライラする展開だが、外したらもう一回チャンスを作り決めればいいだけ。下を向かず、前に突き進め!

1つのミスが、試合を決めてしまった。

29分、左サイドバックのハッタントゥルガがボールを空振り。相手FWが、デレン墨田守護神エルデネジャルガルとの1対1を冷静に決め、0-2。

3点が必要になったことで、デレン墨田の選手はパニックに。

30分、最終ラインでのパスミスから守護神エルデネジャルガルもキックミス。シュートを決められ、0-3。

ミスを冒し、意気消沈するハッタントゥルガ、エルデネジャルガルをベンチに下げ、控えの選手バットフー、ツェンドジョーにチャンスを与えた。

彼らがある程度できることは証明された。ハードワークした。

でも、スコアは動かず、0-3。

グループリーグ敗退。無念の一言。

グループリーグで対戦した3チームは、強くなかった。大会前に対戦したドイツやスウェーデンのチームとの練習試合の方がタフだった。

結局、最も重要なのは、自分自身ということだ。1勝2敗を真摯に受け入れなければならない。

Bトーナメントがあるとはいえ、スウェーデン遠征最後の大会での敗退… チーム全体に重い雰囲気が漂う。

IMG_3912_convert_20110721013154.jpg


IMG_3918_convert_20110721012442.jpg



デレン墨田の試合の後、Högaborgs BK - Näsets SKが行われた。

「Högaborgs BKは、ラーションの育ったクラブなんだ」

敗戦の悔しさから適当に流したこの言葉の持つ意味は大きかった。

「ラーションがいるぞ!」

IMG_3927_convert_20110721012656.jpg




その言葉に驚きを隠せず、坊主頭にサングラスの人物の元へ走っていった。

-Are you Mr. Henrik Larsson?]

-Yes.

早速記念撮影をお願いした。アメリカワールドカップのスウェーデン3位の原動力であり、フェイエノールト、セルティック、バルセロナ、マンチェスター・ユナイイテッドで活躍したワールドクラスの偉大なるプレーヤーとの出会いは特別だった。

なぜラーションがユースの試合にいるのかと言うと、息子がHögaborgs BKでプレーしているからという。国民的英雄も1人のパパ。

デレン墨田の選手たちは憧れのラーションに興奮を隠せず、すぐさまダッシュ。記念撮影。一生忘れられない素晴らしい思い出になったのは間違いない。

ラーションにデレン墨田の試合を見てもらえたことは本当に光栄の一言。

Tack så mycket、Henrik Larsson!

IMG_3924_convert_20110721000310.jpg



グループリーグ第3戦 VS Sussex Elite
7月20日08:00 
デレン墨田 ×0-3(0-2)
失点:3分、29分、30分

*20分ハーフ

デレン墨田・スタメン
GK:エルデネジャルガル
DF:エンヒゾリグ、ムンヒジャルガル、ニンバヤル、ハッタントゥルガ
MF:ガントグトフ、テムレン、ガンエルデネ、ウヌルエルデネ
FW:ダライツェレン、ジャンシエリク


IMG_3922_convert_20110721013329.jpg



*スポンサー、寄付を募集しております。

主な経費
合計:約220万9千百円

約162万円 (24,000、000トゥグリク、1トゥグリク≒14・8円)
*航空券 ウランバートル・ベルリン往復(24人)

約25万円(1人約1万400円)
*航空券 片道ベルリン→ストックホルム(24人)

約18万円(14000スウェーデン・クローネ、1クローネ≒12・8円 )
*電車代 片道イエテボリ→ベルリン(24人)


約7万2千円   (600ユーロ、 1ユーロ≒120円)
*宿泊費(24人)@ユースホステル 6月26日から6月28日@ベルリン

約8万4千円   (720ユーロ、1ユーロ≒120円)          
*食費(24人) 6月26日昼食、夕食、6月27日朝食、昼食、夕食 6月28日朝食 計6食

約3千円  (25ユーロ、1ユーロ≒120円)
*FIFA女子ワールドカップ開幕戦
*1人しか観戦できず、僕の力不足を恥じるばかり


IMG_3879_convert_20110721013840.jpg



<デレン墨田 ドイツ・スウェーデン遠征予定>
6月26日07:00 出発(飛行機)
09:45 ベルリン到着
     18:00 FIFA女子ワールドカップ開幕戦 ドイツ対カナダ観戦
  27日18:00 練習試合 VS アレマニアSV
  28日12:40 ベルリン発(飛行機)
     14:30 ストックホルム到着  
  29日11:00 練習試合 ブロンマポイカルナ
     18:00 ピテアへ移動(電車) 
  30日06:30 ピテア到着
 7月1日       ピテアサマーゲームス開幕
     09:00      VS Gammelstads IF(スウェーデン)    △2-2
     23:00(!!!) VS Sandakerns SK (スウェーデン)    ○3-0
   2日11:00      VS IF Skarp(ノルウェー)         ×0-1
     16:00 決勝トーナメント1回戦 VS Bossmo & Ytteren(ノルウェー)×0-2 
   3日 8:00 試合     VS NYBORG(スウェーデン)      ×0-3
   4日 8:30ピテア→17:30オスタースンド   
   5日ストルスヨークーペン(オスタースンド)スタート
     14:00 グループリーグ  ×0-1  Vestbyen IL(ノルウェー)
   6日14:00 グループリーグ  ×1-2  Melhus IL(ノルウェー)   
 7日13:00  グループリーグ ○1-0  Nardo FK(ノルウェー)
   8日13:30 Bトーナメント  ×0-2  Lanke(ノルウェー)
   9日      OFF
  10日   移動 電車 オスタースンド6:00 →ボルランゲ 14:00
  11日 ダレカルリアカップ(ボルランゲ)スタート
    13:00  グループリーグ ○3-0 VS Falu BS
     18:20 グループリーグ △1-1 VS Jarla IF 
12日 9:30   グループリーグ  ×2-5 VS Forssa BK
    15:40  グループリーグ ○1-0 VS Varmdo IF
13日14:50   グループリーグ ×0-3 VS Enkopings IS
14日18:40   グループリーグ VS IFK Lidingo
15日      決勝トーナメント
16日 移動 電車  ボルランゲ→ウプサラ→イエテボリ 
18日 ゴチアカップ(イエテボリ)スタート
  11:00 グループリーグ ×1-3 VS Skarhamns IK(スウェーデン)
19日12:00 グループリーグ ○2-1 VS IFK Haninge(スウェーデン) 
20日08:00 グループリーグ ×0-3 VS Sussex Elite(イングランド)
21日11:40 Bトーナメント1回戦     VS Athletic FC(スウェーデン)
*勝利の場合
  16:20 Bトーナメント2回戦
*さらに勝利の場合
  21:00 Bトーナメント3回戦
 

23日17:57 ベルリンへ移動(電車)
24日06:10 ベルリン到着
   16:00 ウランバートルへ出発(飛行機)
25日05:30  ウランバートル到着

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/07/21(木) 00:31:24|
  2. スウェーデン,・ドイツ遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。