モンゴルから世界へ FC Sumida Ulaanbaatar Champion!

FC墨田ウランバートル会長の森本高史です。2009年11月、世界一になるべくモンゴルでサッカークラブを作りました。13年4月新体制としてスタートを切りました。応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

齋藤聡様、FC墨田ウランバートルにユニホーム36着提供!!!

IMG_2881_convert_20140528132908.jpg



齋藤聡様(大阪府出身)より、FC墨田ウランバートルへユニホーム36着(フィールド:30着、GK:6着)提供を頂きました。感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございます。

齋藤聡様は、チーム創設時の5年前よりお世話になっており、またモンゴル史上初のプロ選手・ムルン・アルタンホヤグ選手(タイ・クラビFC)のスポンサーとして、入団テストの難しい時期を、航空券代、宿泊費、食事代などを提供頂きました。

齋藤聡様は、11年に渡ってモンゴル在住で、モンゴル人女性と結婚され、素敵なお嬢様がおります。モンゴルを心の底から愛され、モンゴル人のため、モンゴルの発展のために全力を尽くされている素晴らしい方です。

齋藤聡様へのスポンサードの感謝として、ユニホームの右腕に「聡」というネームを古代モンゴル語で入れさせていただきました。

モンゴルの明るい未来を担う若者たちも新しいユニホームを楽しみにしております。次回の大会を心待ちにしております。

齋藤聡様、一緒にモンゴルの明るい未来を担う若者たちのために全力を尽くしていけることは光栄です! いつも本当にありがとうございます! 


e9e8feabdfbe312boriginal.jpg
齋藤聡様は、モンゴル史上初のプロ選手・ムルン・アルタンホヤグ選手(タイ・クラビFC)のスポンサーとしてモンゴルの明るい未来を担う若者たちを支えております


齋藤聡様コメント
「人生には色々なお金の使い道があると思います。光熱費や食事代などの生活費、ショッピング、映画鑑賞、旅行など。モンゴルに住んでいる人間として、モンゴルの明るい未来を担う若者たちがサッカーをプレーする環境を整えることへ、お金を使うのが最も有効的だと思います。モンゴルの少年の間では、サッカーが最も人気のあるスポーツですし、モンゴル史上初のプロ選手・ムルン・アルタンホヤグ選手のようにモンゴルという国を背負って、世界に羽ばたく人材を輩出する一助となれれば幸いです。FC墨田ウランバートルのさらなるご活躍を期待しております」

FC墨田ウランバートル会長(モンゴル少年・少女サッカーチーム)
モンゴル史上初のプロ選手! ムルン選手マネージャー
フィリピンサッカー協会テクニカルコンサルタント
森本高史
fcsumida@hotmail.com


貧困地区の学校での指導(モンゴル大手TV局放送)
http://www.youtube.com/watch?v=0X9lnm5H9dY&feature=youtu.be

NHK・地球ドキュメントミッション「モンゴル・貧困からの脱出のキックオフ」
http://www.youtube.com/watch?v=1BgiGHdxHGs

モンゴル史上初のプロ選手・ムルン・アルタンホヤグ(タイ・クラビFC)直筆サインユニホーム販売!
http://fcderensumida.blog.fc2.com/blog-date-201312.html

1口2600円から
FC墨田ウランバートル・練習着スポンサー!
http://fcderensumida.blog.fc2.com/blog-entry-111.html

世界プロサッカー挑戦セレクション
http://irmax-soccer.com/

モンゴルトップリーグ・チャレンジプログラム
http://football-navi.com/archives/19026


10153794_684344354961877_1907539017546854804_n.jpg


IMG_1601_convert_20130618003718.jpg


IMG_1612_convert_20130630131423.jpg


IMG_1581_convert_20130611223716.jpg





関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/05/28(水) 13:42:15|
  2. スポンサー、寄付のお願い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。