モンゴルから世界へ FC Sumida Ulaanbaatar Champion!

FC墨田ウランバートル会長の森本高史です。2009年11月、世界一になるべくモンゴルでサッカークラブを作りました。13年4月新体制としてスタートを切りました。応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3戦全勝! さあ、ベスト8へ

IMG_2814_convert_20110512112305.jpg


U-13モンゴル全国選手権
グループB第2戦
5月10日 25分ハーフ


デレン墨田 ○7-0(1-0)× エルチム

得点:サルール(6分)、ダライツェレン(26分、29分、45分、47分)、バーサンジョー(42分)
   ニンバヤル(49分)
 

4-4-2
GK:エルデネジャルガル(36分 ツェンドジョー)
DF:ハッタントゥルガ、ムンヒジャルガル、エンヒゾリグ、バットフー(26分 テルメン)
MF:サルール(26分 バトルギル)、ニンバヤル、ウヌル・エルデネ、エルデルソル
FW:ダライツェレン、ガンエルデネ(36分 バーサンジョー)


マン・オブ・ザ・マッチ:バーサンジョー
*景品は、ワールドサッカーダイジェストのポスター、フェルナンド・トーレス

ベストDF、GK: ムンヒジャルガル
*景品は、ワールドサッカーダイジェストのポスター、サウエル・エトー


IMG_2812_convert_20110512112037.jpg



-5度、雪が降りしきるなかで行われた。5月中旬、世界的温暖化が進むとはいえ、モンゴルの気候は厳しい。昨日は15度だったのだが。

雪で滑ったり、寒さに悩まされ、前半は1点どまり。これまでサブの選手を起用したり、ポジションチェンジもあるので前半はあまり機能しなかった。

後半は、相手を圧倒し、ゴールを量産。ダライツェレンは今大会2試合目となる4ゴール。控えGKツェンドジョーを起用するなど新戦力のテストと大勝という2つを得ることができた。

今日からは決勝トーナメント。負けたらジ・エンド。あと3回勝てば優勝。

応援よろしくお願いします!


次戦
5月12日13時40分 96番学校
ベスト8
ハラツァイ(96番学校を本拠地としており、熱狂的なサポーターが詰めかけ、厳しいアウェーとなる)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/05/12(木) 11:28:31|
  2. U-13モンゴル全国選手権
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ベスト4進出! 決定力不足、CB負傷退場を乗り越え、あと2つ! | ホーム | 大勝劇のはずが、大苦戦に… とりあえず決勝トーナメント進出>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fcderensumida.blog.fc2.com/tb.php/13-480ecc3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。