モンゴルから世界へ FC Sumida Ulaanbaatar Champion!

FC墨田ウランバートル会長の森本高史です。2009年11月、世界一になるべくモンゴルでサッカークラブを作りました。13年4月新体制としてスタートを切りました。応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デレン墨田 モンゴリアンチャンピオン!!!

IMG_2911_convert_20110515195855.jpg


U-13モンゴル全国選手権
決勝
5月14日 25分ハーフ


デレン墨田 ○0-0(0-0)× ウランバートル大学
       PK戦 5-4

PK戦
相手 ○     ウヌル・エルデネ ○   
相手 ○     ガントグトフ   ○
相手 ×     ニンバヤル    ○
相手 ○     エンヒゾリグ   ○
相手 ○     ダライツェレン  ○


シュート数(枠内)
          前半    後半
デレン墨田     1(1)  3(0)
ウランバートル大学 2(0)  2(1)


4-4-2
GK:エルデネジャルガル
DF:エンヒゾリグ、ニンバヤル、ウヌル・エルデネ、ハッタントゥルガ
MF:ガントグトフ、テムレン、ガン・エルデネ、エルデルソル
FW:ダライツェレン、ジャンシエリク


大会MVP: ガンエルデネ
*景品は、アディダスのスパイク

大会得点王: ダライツェレン
*景品は、現地在住の方からチョコレートを提供していただきました。ありがとうございました。

大会ベストベストディフェンス:エルデネジャルガル(GK)
*景品は、モンゴルサッカー協会よりトロフィー

IMG_2900_convert_20110515201118.jpg



決勝戦の相手は、ウランバートル大学。2月のバガヌールカップでは完膚無きまで叩きのめされ、しかもデレン墨田主催の大会にもかかわらずの勝を飾られてしまった因縁の相手。

前半は風下ということもあり、厳しい展開。シュートは1本しか打てず、カウンターから度々危険な形を作られる。

後半はいくらか修正されたものの、決定的なチャンスは作れない。時間の経過とともにミスは多くなる。

準々決勝の途中で負傷退場したCBムンヒジャルガルの穴を、MFウヌル・エルデネのコンバートではやはり埋めきれない部分もあった。その分、GKエルデネジャルガルが好セーブを連発。得点は奪えなかったが、失点は0で抑えた。

前後半50分戦い、0-0。PK戦に突入。

IMG_2870_convert_20110515200303.jpg

GKエルデネジャルガルが、相手3人目をストップ。デレン墨田4人目、エンヒゾリグのミスキックが、逆に相手GKの意表を突き、ゴールイン。5人目のダライツェレンが冷静に決め、デレン墨田勝利!

デレン墨田、モンゴリアンチャンピオン!!!

去年はグループリーグ3戦全敗に終わった悔しさを、優勝という形で見事に晴らした。

6日間連続という過密日程ながら全力を尽くした選手たち、コーチ、準々決勝から観戦に訪れ選手たちに飲料水や軽食を提供してくれた現地在住の方など全ての人の力が一つになり、優勝を成し遂げれた。感謝の一言!

そして、このブログを読んでいただいている皆様、ありがとうございました。日本、もしくは他の国からパワーは確かに届きました。

モンゴルチャンピオンとして6月26日からから7月25日までスウェーデン遠征を行います。目標はメダル獲得ですが、やはり優勝して、一緒に喜びを分かち合いたいです。

DEREN SUMDIA CHAMPION!


IMG_2918_convert_20110515201650.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/05/15(日) 20:25:10|
  2. U-13モンゴル全国選手権
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<南陽介選手 モンゴル初ゴール! | ホーム | ゴールラッシュは止まらない デレン墨田ファイナリスト!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fcderensumida.blog.fc2.com/tb.php/16-d56dcfb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。