モンゴルから世界へ FC Sumida Ulaanbaatar Champion!

FC墨田ウランバートル会長の森本高史です。2009年11月、世界一になるべくモンゴルでサッカークラブを作りました。13年4月新体制としてスタートを切りました。応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<Storsjocupen> 再三に渡るチャンスを外し、黒星発進

IMG_3599_convert_20110706001140.jpg


7月4日からスタートしたStorjocupen。デレン墨田は、スウェーデン中部に位置し、美しい湖で有名なオスタースンド(Ostersund)にピテアからバスで約9時間かけて移動。疲れが残った状態で、5日14時(現地時間)キックオフのグループリーグ緒戦、Vestbyen戦(ノルウェー)に臨んだ。

いきなりハプニングに見舞われた。試合会場のJamktkraftではなく、宿舎近くJamtlandに向ってしまった。おかしいなと思い、大会関係者に尋ねたら、Jamktkraftは車で15分の距離にある。既に13時20分…

不幸中の幸いかその大会関係者は、単なるボランティアではなく、大会ナンバーワンの人物。すぐさま車を3台手配してもらい、急遽Jamktkraftに向かった。

これはチームの団長である僕のミス。チーム全体に混乱を招いたことは許される行為ではない、猛省し、再発を絶対に防がなければならない。

IMG_3571_convert_20110706005128.jpg


13時40分到着。Jamktkraftは、正式名称「Jamktkraft Arena」。近代的なスタジアムであり、スタンドが付いており、スウェーデンのトップリーグ「Allsvenskan」の開催基準を見たいているという。このような素晴らしいスタジアムでプレーできることを誇りに思い、試合の準備を進めた。

デレン墨田を応援すべく、数多くのブロンド美女がスタジアムに詰めかけ、黄色い声援を送った。
IMG_3583_convert_20110706002405.jpg


対戦相手Vestbyenは、チャンピオンズリーグの常連ローゼンボリの本拠地として有名なノルウェー・トロンハイムのチームだ。当然のことながら長身選手をズラリと揃えている。

試合は、デレン墨田のペースで進む。ジャンシエリク、ダライツェレンの2トップが相守備陣を脅かし、中盤の攻防も制した。最終ラインも相手の攻撃をインターセプトし、カウンターにつなげた。

IMG_3589_convert_20110706000706.jpg


だが、ワンチャンスをモノにされてしまう。13分、カウンターからデレン墨田の守備陣が次々と抜かれてしまい、ゴール前フリーの状態でシュート。一度は守護神エルデネジャルガルが弾くも、こぼれを決められてしまう。

その後は攻め立てるもゴールが程遠い。0-1のままハーフタイムへ。引き上げてくる選手の表情は暗く沈んでいる。

IMG_3593_convert_20110706001937.jpg


後半立ち上がりは、プレッシャーに呑まれてしまい、相手FWにフリーでシュートを打たれてしまう。守護神エルデネジャルガルの好セーブや相手の決定力不足に助けられ、なんとか0-1のスコアをキープできた。2点差になれば、事実上のジ・エンドとなってしまう。

立ち上がり7、8分を凌ぎ、反撃開始。

10分、ジャンシエリクがGKとの1対1のチャンスを外す。

12分、中盤の要ガンエルデネが、相手選手の足へのキッキングで負傷退場。

15分、ダライツェレンがGKとの1対1のチャンスを相手GKにストップされる。

22分、ウヌルエルデネがGKとの1対のチャンスを大きくふかしてしまい、ゴールキック。


今まではボールにしか目が行かなかったが、スタジアムに掲げてある面白いバナーを発見!

IMG_3591_convert_20110706003125.jpg

Sport Travel Steve Perryman! 清水エスパルス監督を務めていたステーブ・ペリマン氏ではないか!!! スポーツを通じた良好会社を所有しており、Storsjocupenのスポンサードをしているとのこと。大会期間中にペリマン氏がオスタースンドを訪れるかもしれない。

墨田下町蹴球団時代は、ズドラフコ・ゼムノビッチが総監督を務め、この冬にアフシン・ゴトビ氏がデレン墨田特別アドバイザーとしてモンゴルにやってくる。清水エスパルスの歴代監督とは何かと縁がある。


さて、試合に戻ろう。

負傷退場など浪費された時間があったが、主審はランニングタイム25分ジャストで試合終了のホイッスル。

デレン墨田 0-1の敗戦。


IMG_3588_convert_20110706004059.jpg


試合後お互いの選手が握手する場面で、相手選手が主審に猛然と異議。僕が「STOP」と叫び、制止させた。もちろん、その後は相手選手全員と握手し、スポーツマンらしくピッチを去った。

決勝トーナメント進出のためには、残り2戦2勝が求められる。

決定力不足、集中力の欠如、度重なるミスなど問題点は少なくない。試合が毎日あり、これから大会のオープニングセレモニー(20時)があり、市内に行き、街中を行進する。練習を行えず戦術・技術的なことは一切行えない。

とりあえず敗戦を引きづらず、オープニングセレモニーを満喫し、試合に向けて集中力、モチベーションを高めてほしい。

デレン墨田は負け犬で終わらない。 Deren Sumida Champion!

IMG_3597_convert_20110706002554.jpg



グループリーグ第1戦
デレン墨田×0-1(0-1)○ Vestbyen(ノルウェー)
*25分ハーフ

デレン墨田・スタメン
GK:エルデネジャルガル
DF:エンヒゾリグ、ムンヒジャルガル、ニンバヤル、ハッタントゥルガ
MF:ガントグトフ、バトルギル、ガンエルデネ、ウヌルエルデネ
FW:ダライツェレン、ジャンシエリク

警告:25分+ ジャンシエリク(反スポーツ的行為)、44分エンヒゾリグ(ラフプレー)


統計
前半
          デレン墨田   Vestbyen
シュート          4      4      
枠内シュート        3      3      
オフサイド         0      1      
間接FK          1      0       
直接FK          3      6     
CK            2      1      
GK            0      0       


後半
シュート          5      4
枠内シュート        2      2
オフサイド         0      0
直接FK          3      4
間接FK          0      0
CK            1      2
GK            3      2


IMG_3568_convert_20110706012736.jpg



*スポンサー、寄付などを募集しております。

主な経費
合計:約220万9千百円

約162万円 (24,000、000トゥグリク、1トゥグリク≒14・8円)
*航空券 ウランバートル・ベルリン往復(24人)

約25万円(1人約1万400円)
*航空券 片道ベルリン→ストックホルム(24人)

約18万円(14000スウェーデン・クローネ、1クローネ≒12・8円 )
*電車代 片道イエテボリ→ベルリン(24人)


約7万2千円   (600ユーロ、 1ユーロ≒120円)
*宿泊費(24人)@ユースホステル 6月26日から6月28日@ベルリン

約8万4千円   (720ユーロ、1ユーロ≒120円)          
*食費(24人) 6月26日昼食、夕食、6月27日朝食、昼食、夕食 6月28日朝食 計6食

約3千円  (25ユーロ、1ユーロ≒120円)
*FIFA女子ワールドカップ開幕戦
*1人しか観戦できず、僕の力不足を恥じるばかり


<デレン墨田 ドイツ・スウェーデン遠征予定>
6月26日07:00 出発(飛行機)
09:45 ベルリン到着
     18:00 FIFA女子ワールドカップ開幕戦 ドイツ対カナダ観戦
  27日18:00 練習試合 VS アレマニアSV
  28日12:40 ベルリン発(飛行機)
     14:30 ストックホルム到着  
  29日11:00 練習試合 ブロンマポイカルナ
     18:00 ピテアへ移動(電車) 
  30日06:30 ピテア到着
 7月1日       ピテアサマーゲームス開幕
     09:00      VS Gammelstads IF(スウェーデン)  △2-2
     23:00(!!!) VS Sandakerns SK (スウェーデン) ○3-0
   2日11:00      VS IF Skarp(ノルウェー)         ×0-1
     16:00 決勝トーナメント1回戦 VS Bossmo & Ytteren(ノルウェー) 
     20:00 決勝トーナメント2回戦 VS 
   3日        決勝トーナメント 
  4日  8:30ピテア→17:30オスタースンド   
   5日ストルスヨークーペン(オスタースンド)スタート
     14:00 グループリーグ ×0-1 Vestbyen IL(ノルウェー)
   6日14:00 グループリーグ      Melhus IL(ノルウェー)
   7日13:00 グループリーグ      Nardo FK(ノルウェー)
         決勝トーナメント
         首位通過の場合
   8日13:20 ラウンド16
   

         2位通過の場合 
   8日9:00  ラウンド32
   
   8日13:20  ラウンド16

10日から16日   ダレカルリアカップ(ボルランゲ)
18日から23日   ゴチアカップ(イエテボリ)
  23日22:30 ベルリンへ移動(電車)
  24日07:00 ベルリン到着
     16:00 ウランバートルへ出発(飛行機)
 25日05:30  ウランバートル到着


IMG_3585_convert_20110706014249.jpg



<デレン墨田 ドイツ・スウェーデン遠征メンバー>
合計:24人

団長  :森本高史  
監督  :オトゴンバヤル・イシュドルジ
コーチ :バヤルトトゥルガ・ジャルガルサイハン
ドクター:ムンヒシュルーン・ガラム
用具  :ガンボルト・ツェルマー

選手:19人
GK:エルデネジャルガル・ツォグバドラブ
   ツェンドジョー・ダグバスレン
DF:ニンバヤル:ガントゥルガ
   ムンヒジャルガル・バンダンドルジ
   ハッタントゥルガ・アマルバヤスガラン
   エンヒゾリグ・ケンチュヤハブ
   ヒシグドルジ・ガジフー
   バットフー・バットビリク
MF:ガンエルデネ・ガンバータル
   ウヌルエルデネ・エルデネチミク
エルデルソル・エンヒボルト
   テムレン・バヤルサイハン
   ガントグトフ・ガントーヤ
   バーサンジョー・ツェレンバット
   マルガド・ボルガン
FW:ビルギー(ビルギジャルガル・プレブフー)
   ダライツェレン・バットビリク
   ジャンシエリク・マラトハン
   バトルギル・バヤル
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/07/05(火) 23:52:10|
  2. スウェーデン,・ドイツ遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 衝撃、必然!? グループリーグ敗退 | ホーム | 決勝トーナメント進出! ピテアサマーゲームス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fcderensumida.blog.fc2.com/tb.php/34-3dbc10c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。