モンゴルから世界へ FC Sumida Ulaanbaatar Champion!

FC墨田ウランバートル会長の森本高史です。2009年11月、世界一になるべくモンゴルでサッカークラブを作りました。13年4月新体制としてスタートを切りました。応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジ・エンド リベンジは来年に

IMG_3668_convert_20110709033522.jpg

Storjocupen グループリーグ第3戦 Nardo FK戦(ノルウェー)は、7月7日13時キックオフ(日本時間20時)に行われた。

既にグループリーグ敗退となっているデレン墨田にとって、重要な一戦だった。3戦全敗など絶対に許されない。グループリーグ敗退のチームは、Bトーナメントを戦う。4位に終わると、翌朝8時に宿舎から離れた場所で試合となる。相手のNardo FKは、デレン墨田戦の結果によっては決勝トーナメント進出の可能性が残されている。目の前で相手に歓喜の雄叫びをあげさせてたまるか! グループリーグ敗退の道連れにさせる!

前の試合で監督のオトゴンバヤルは退席処分を受けたが、大会規定によりベンチに座ることができる。前の2試合で計2枚の警告を受けたジャンシエリクは、累積警告の大会規定がないためプレーできる。

IMG_3657_convert_20110709033822.jpg


キックオフ。

今回の相手は、前の2試合よりも弱いと感じた。それでもサッカーは何が起こるか分からない。デレン墨田も2連敗を喫している以上、相手を過小評価できる立場にない。

試合を支配したのはデレン墨田。だが、ボールを失ってから危険な形のカウンターを食らう。GKと相手FWの1対1のシーンが前半だけで3度。守護神エルデネジャルガルのファインセーブでなんとか無失点に。

全て決められていたら、大量失点も十分にあり得た。相手の決勝トーナメント進出を懸けて本気で来た。

ハーフタイムは、0-0。結果にこだわっており、ピンチを切り抜けたことを考えればネガティブになる必要はない。

*暑さに負けるな。頑張れ、バトルギル
IMG_3658_convert_20110709035626.jpg




後半も同じ流れ。攻めるデレン墨田。GKとの1対1を、ダライツェレン、ジャンシエリク、ウヌルエルデネがことごとく外す。

相手も前半同様3度訪れたGKとの1対1を外す。守護神エルデネジャルガルの好調ぶりを前半から見てきたので、どうせ外すだろうと安心していた。

このままではグループ最下位。翌朝の試合になる・・・

*右がビルギー。途中出場だが、チームのために全力で走り回る。
IMG_3662_convert_20110709034149.jpg


選手のモチベーションを上げるための秘策が功を奏した。

大好きなバナナは、2人で一本、待ち望んでいたスポーツ店でのショッピングは中止。

この日は、最後まで足を止めなかったし、必死になってボールを追いかけ、ゴールを守った。チャンスを外しても、再びボールを奪い返し、ゴールを目指した。

47分、歓喜の渦に包まれる。スルーパスをスペースに走りこんだジャンシエリクが、10度目の正直とばかりにゴールネットにシュートを突き刺し、待望の先制点を挙げる!!!

その後はクレバーにプレーし、1-0のリードを守り切り、STORSJOCUPEN初勝利!!! グループリーグ3位。



本来は勝点9でグループリーグ突破を果たし、メダル獲得を狙いたかったが、最後の最後で意地を見せた。

試合終了後、約束通り選手にバナナを渡した。勝利とバナナでチームの雰囲気は格段に明るくなった。

よく頑張った! Bトーナメント優勝頼んだぞ!


STORSJOCUPEN 
グループリーグ第3戦
デレン墨田○1-0(0-0)× Nardo FK(ノルウェー)

<デレン墨田 スタメン>

GK:エルデネジャルガル
DF:エンヒゾリグ、ムンヒジャルガル、ニンバヤル、ハッタントゥルガ
MF:ガントグトフ、バトルギル、ガンエルデネ、ウヌルエルデネ
FW:ダライツェレン、ジャンシエリク


デレン墨田・得点:47分ジャンシエリク


IMG_3671_convert_20110709052907.jpg


STORSJOCUPEN Bトーナメントベスト16 Lanke戦(ノルウェー)が、7月8日13時30分(日本時間20時30分)に行われた。

Bトーナメントとは、グループリーグ3位、4位のチームによる一発勝負のトーナメント。優勝すればチームに対しトロフィー、選手に対しメダルが与えられる。決勝トーナメント進出を果たせなかった以上、リベンジの場であり、次なる大会「Dalecarlia Cup」の準備としてもってこいだ。

朝から降り続いていた大雨も止んだ。宿舎から離れた場所での試合ということで、大会関係者の好意によりボランティアスタッフが案内してくれた。勝つために最善の環境が整った。

いきなり困難に直面。
 
強烈な直射日光を避けるためキックオフ20分前にウォーミングアップをスタートしたのだが、主審が13分前にキックオフ。チーム団長として抗議すべきだった…

IMG_3677_convert_20110709054210.jpg


準備ができていない影響は決して小さくなかった。

開始30秒でいきなり失点。13歳ながら185CMというありえない長身選手に強烈なミドルシュートを決められた。

9分には2失点目・・・。

いつも相手の方が身長が高いのだが、この日はやけに相手が大きい。平均身長177CM。180CM台がごろごろいる。

IMG_3679_convert_20110709054850.jpg


パスワークで相手の隙を突いて攻めていっても、ラストのところが崩せない。内容的には悪くないが、最後は身長とパワーに阻まれる。

0-2のままハーフタイムへ。

IMG_3681_convert_20110709055525.jpg



後半は相手が試合を決定付けようと前がかりになる。守護神エルデネジャルガルの好セーブで失点には至らないものの、体力勝負で押し込まれると厳しい。攻撃のときに厚みがなく、単調になる。

なんとか必死にボールに食らいつくも、チャンスは作れない。

時間の経過は早く、あっという間に試合終了のホイッスル。

Bトーナメントすら勝てなかった。悔しくて悔しくてたまらない。

もっともっと技術を上げ、戦術も高めていかなければダメだ。でも、スウェーデンに来てからは試合、移動、オープニングセレモニーと過密日程なので、モンゴルでしっかりと準備をしないとだめだ。

あとは体格。スウェーデン、ノルウェーの方が圧倒的に上だ。こればかりは仕方がない。でも、モンゴル人だって栄養をきちんととれば大きくなる。お菓子が好き、コーラが飲みた、野菜が嫌いでは、サッカー選手として大成しない。大人にもなれない。これは家庭の領域なので、しっかりとコミュニケーションを取って改善していかなければならない。

とにかくSTORSJOCUPENは終わった。メダル獲得とはほど遠い失意の成績だった。

大会プログラムに、来年は7月2日から7日までと書いた告知が掲載している。もう1年切っている。来年こそは優勝する。既に準備は始まっているし、次なる大会「Dalecarlia Cup」はあと3日後。

悔しがっている暇も立ち止まっている暇もない。勝利を目指して突き進む。

DEREN SUMIDA CHAMPION!


STORSJOCUPEN 
Bトーナメント・ベスト16
デレン墨田×0-2(0-2)○ Lanke(ノルウェー)

<デレン墨田 スタメン>

GK:エルデネジャルガル
DF:エンヒゾリグ、ムンヒジャルガル、ニンバヤル、ハッタントゥルガ
MF:ガントグトフ、バトルギル、ガンエルデネ、ウヌルエルデネ
FW:ダライツェレン、ジャンシエリク

相手・得点:30秒、9分

IMG_3445_convert_20110710020014.jpg



*スポンサー、寄付などを募集しております。

主な経費
合計:約220万9千百円

約162万円 (24,000、000トゥグリク、1トゥグリク≒14・8円)
*航空券 ウランバートル・ベルリン往復(24人)

約25万円(1人約1万400円)
*航空券 片道ベルリン→ストックホルム(24人)

約18万円(14000スウェーデン・クローネ、1クローネ≒12・8円 )
*電車代 片道イエテボリ→ベルリン(24人)


約7万2千円   (600ユーロ、 1ユーロ≒120円)
*宿泊費(24人)@ユースホステル 6月26日から6月28日@ベルリン

約8万4千円   (720ユーロ、1ユーロ≒120円)          
*食費(24人) 6月26日昼食、夕食、6月27日朝食、昼食、夕食 6月28日朝食 計6食

約3千円  (25ユーロ、1ユーロ≒120円)
*FIFA女子ワールドカップ開幕戦
*1人しか観戦できず、僕の力不足を恥じるばかり

IMG_3664_convert_20110709051747.jpg


<デレン墨田 ドイツ・スウェーデン遠征予定>
6月26日07:00 出発(飛行機)
09:45 ベルリン到着
     18:00 FIFA女子ワールドカップ開幕戦 ドイツ対カナダ観戦
  27日18:00 練習試合 VS アレマニアSV
  28日12:40 ベルリン発(飛行機)
     14:30 ストックホルム到着  
  29日11:00 練習試合 ブロンマポイカルナ
     18:00 ピテアへ移動(電車) 
  30日06:30 ピテア到着
 7月1日       ピテアサマーゲームス開幕
     09:00      VS Gammelstads IF(スウェーデン)    △2-2
     23:00(!!!) VS Sandakerns SK (スウェーデン)    ○3-0
   2日11:00      VS IF Skarp(ノルウェー)         ×0-1
     16:00 決勝トーナメント1回戦 VS Bossmo & Ytteren(ノルウェー)×0-2 
   3日 8:00 試合     VS NYBORG(スウェーデン)      ×0-3
   4日 8:30ピテア→17:30オスタースンド   
   5日ストルスヨークーペン(オスタースンド)スタート
     14:00 グループリーグ  ×0-1  Vestbyen IL(ノルウェー)
   6日14:00 グループリーグ  ×1-2  Melhus IL(ノルウェー)   
 7日13:00  グループリーグ ○1-0  Nardo FK(ノルウェー)
   8日13:30 Bトーナメント  ×0-2  Lanke(ノルウェー)
   9日      OFF
  10日   移動 電車 オスタースンド6:00 →ボルランゲ 14:00
  11日 ダレカルリアカップ(ボルランゲ)スタート
    13:00  グループリーグ  VS Falu BS
18:20 グループリーグ  VS Jarla IF
12日 9:30   グループリーグ VS Forssa BK
    15:40  グループリーグ VS Varmdo IF
13日14:50   グループリーグ VS Enkopings IS
14日18:40   グループリーグ VS IFK Lidingo
15日      決勝トーナメント
  16日      決勝トーナメント
  17日 移動 電車  ボルランゲ→ウプサラ→イエテボリ 

  18日から23日   ゴチアカップ(イエテボリ)
  23日22:30 ベルリンへ移動(電車)
  24日07:00 ベルリン到着
     16:00 ウランバートルへ出発(飛行機)
 25日05:30  ウランバートル到着
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/07/09(土) 00:43:02|
  2. スウェーデン,・ドイツ遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<<Dalecarlia Cup> グループリーグ5試合終了 | ホーム |  衝撃、必然!? グループリーグ敗退>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fcderensumida.blog.fc2.com/tb.php/36-dc62342b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。