モンゴルから世界へ FC Sumida Ulaanbaatar Champion!

FC墨田ウランバートル会長の森本高史です。2009年11月、世界一になるべくモンゴルでサッカークラブを作りました。13年4月新体制としてスタートを切りました。応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<世界最大大会ゴチアカップ> 全ての面で甘さを露呈 勝点3を失う

IMG_3813_convert_20110718232058.jpg

スウェーデン第2の都市イエテボリにて、ゴチアカップが18日開幕した。

ゴチアカップは、The World Youth Cupというネーミングにもあるように、世界最大規模のユース年代の国際大会。今大会には1530チーム、73カ国が参加する。

シャビ・アロンソ(バルセロナ)、エマニュエル・アデバヨール(レアル・マドリー)、アラン・シアラー(元ニューカッスル)などワールドクラスの偉大なプレーヤーが少年時代に参加したことのある権威ある国際大会で、チャンピオンズリーグでお馴染のガラタサライ(トルコ)、クラブワールドカップの常連クラブ・アメリカ(メキシコ)、クルゼイロ(ブラジル)など名門クラブが参加。

http://www.gothiacup.se/eng/

gc_logo.jpg


デレン墨田は、2年連続2回目。昨年は1勝どころか勝点0のままグループリーグ敗退に終わっており、今年は勝点獲得に満足するのではなく、決勝トーナメント進出、メダル獲得という目標を設定。

18日11時 グループリーグ緒戦 Skärhamns IK(スウェーデン)戦が行われた。

大会緒戦ということもあり、移動時間が読めないことを想定し、早めに行動。試合会場に75分前に到着した。入念な準備とはほど遠いアクシデントが発生。

デレン墨田全19選手のうち、飲料水を持参したのはわずか1人、バトルギルのみ。最初の大会となったピテアサマーゲームスのときに飲料水入れを全員に与え、自己管理としており、他の試合ではきっちりと持参していたのだが、この重要な試合に限って、18人が忘れた。

飲料水の重要性を肌で感じてもらうため、小生の持参した飲料水を含めあにも与えずに試合に臨んだ。もちろん、試合中、ハーフタイムは給水なしである。「自己管理」の原則を貫いた。

相手は、正直強くない。なにも恐れることはないのだが、常に猛攻を受け、守備一辺倒。まるで眠っているかのごとくいつものデレン墨田とはほど遠い低調なパフォーマンス。

10分、ゴールキックのミスを相手に拾われ、GKの準備ができていない隙を突かれ、ミドルシュートを決められてしまう。

12分、ペナルティエリア内でのハンド。PKを与えてしまう。DFのクリアが、他のDFに当たったのだが、精度が悪かったのは事実。13分、PKを決められ、0-2。

IMG_3822_convert_20110719001106.jpg


他の大会とは違い、20分ハーフ。10分少ない。その後は前に出て、ダライツェレンがGKとの1対1を迎えるも、右に外してしまう。

0-2のままハーフタイムへ。給水はなし。というか、飲料水がない。各自持参はチームの規則。忘れたら、給水なしでプレーするしかない。今回は一切の甘え、妥協は排除した。給水なしで負けたら、それだけのチームに過ぎないということ。

IMG_3821_convert_20110719000553.jpg

後半スタート。

逆転をすべく、デレン墨田が猛攻を仕掛ける。21分、ジャンシエリクがGKと1対1。だが、外れる。

その後のプレーでジャンシエリクが不要なファウル。相手の直接FK。デレン墨田のDFがかぶり、ロングボールがFWに通り、GKと1対1。冷静に決められてしまった。0-3。

チャンスの後にピンチありとはまさにこのことだった。

自滅してしまった。試合の行方はほぼ決定した。

あとはこれ以上に失点を許さないこと。1点でも多く返すこと。

互角の展開が続く。

IMG_3815_convert_20110718233522.jpg


37分、意地を見せた。相手のDFラインとGKの間に出たボール。相手GKが慌て処理。ダライツェレンとガンエルデネの2人が突っ込む。ボールはこぼれ、ダライツェレンが無人のゴールに押し込む。1-3。

まだ3分+アディショナルタイムがある。行ける、行ける、Oh my god!!!

ゴールを決めたダライツェレンは、ボールを取りに行かず、時間が経過していく…  スウェーデンの大会は、こういう時間はランニングタイムとして流れていく傾向がある。「さあ、行くぞ」とチームにハッパをかける意味でも素早くボールを拾い、リスタートさせるべきだった。

試合はこのまま終了。1-3。



飲料水忘れ、ファイティングスピリット、集中力の欠如、イージーミスのオンパレードなど悪いところが全て出てしまった試合だった。これから良くなっていくと信じている。

18日20時から大会のオープニングセレモニー。各国の仲間との触れ合い、スウェーデンが世界に誇るビッグイベントを満喫して、19日12時(日本時間19時)キックオフのグループリーグ第2戦 IFK Haninge(スウェーデン)戦に臨み、勝利を挙げないといけない。

デレン墨田は、世界を驚かす!


IMG_3824_convert_20110719001347.jpg


グループリーグ第1戦 VS Skärhamns IK
7月18日11:00 
デレン墨田 ×1-3(0-2)
得点 :37分ダライツェレン
失点:10分、13分、22分

警告
相手:8分・17番(ラフプレー)

*20分ハーフ

デレン墨田・スタメン
GK:エルデネジャルガル
DF:エンヒゾリグ、ムンヒジャルガル、ニンバヤル、ハッタントゥルガ
MF:ガントグトフ、テムレン、ガンエルデネ、ウヌルエルデネ
FW:ダライツェレン、ジャンシエリク


<試合データ>
前半
          デレン墨田     相手
シュート          2      4      
枠内シュート        0      2      
オフサイド         0      0      
間接FK          0      0       
直接FK          6      0     
CK            0      1      
GK            3      2       


後半
シュート          6      3
枠内シュート        4      3
オフサイド         2      1
間接FK          1      1
直接FK          3      3
CK            2      1
GK            1      2


IMG_3788_convert_20110719001801.jpg


*スポンサー、寄付を募集しております。

主な経費
合計:約220万9千百円

約162万円 (24,000、000トゥグリク、1トゥグリク≒14・8円)
*航空券 ウランバートル・ベルリン往復(24人)

約25万円(1人約1万400円)
*航空券 片道ベルリン→ストックホルム(24人)

約18万円(14000スウェーデン・クローネ、1クローネ≒12・8円 )
*電車代 片道イエテボリ→ベルリン(24人)


約7万2千円   (600ユーロ、 1ユーロ≒120円)
*宿泊費(24人)@ユースホステル 6月26日から6月28日@ベルリン

約8万4千円   (720ユーロ、1ユーロ≒120円)          
*食費(24人) 6月26日昼食、夕食、6月27日朝食、昼食、夕食 6月28日朝食 計6食

約3千円  (25ユーロ、1ユーロ≒120円)
*FIFA女子ワールドカップ開幕戦
*1人しか観戦できず、僕の力不足を恥じるばかり


<デレン墨田 ドイツ・スウェーデン遠征予定>
6月26日07:00 出発(飛行機)
09:45 ベルリン到着
     18:00 FIFA女子ワールドカップ開幕戦 ドイツ対カナダ観戦
  27日18:00 練習試合 VS アレマニアSV
  28日12:40 ベルリン発(飛行機)
     14:30 ストックホルム到着  
  29日11:00 練習試合 ブロンマポイカルナ
     18:00 ピテアへ移動(電車) 
  30日06:30 ピテア到着
 7月1日       ピテアサマーゲームス開幕
     09:00      VS Gammelstads IF(スウェーデン)    △2-2
     23:00(!!!) VS Sandakerns SK (スウェーデン)    ○3-0
   2日11:00      VS IF Skarp(ノルウェー)         ×0-1
     16:00 決勝トーナメント1回戦 VS Bossmo & Ytteren(ノルウェー)×0-2 
   3日 8:00 試合     VS NYBORG(スウェーデン)      ×0-3
   4日 8:30ピテア→17:30オスタースンド   
   5日ストルスヨークーペン(オスタースンド)スタート
     14:00 グループリーグ  ×0-1  Vestbyen IL(ノルウェー)
   6日14:00 グループリーグ  ×1-2  Melhus IL(ノルウェー)   
 7日13:00  グループリーグ ○1-0  Nardo FK(ノルウェー)
   8日13:30 Bトーナメント  ×0-2  Lanke(ノルウェー)
   9日      OFF
  10日   移動 電車 オスタースンド6:00 →ボルランゲ 14:00
  11日 ダレカルリアカップ(ボルランゲ)スタート
    13:00  グループリーグ ○3-0 VS Falu BS
     18:20 グループリーグ △1-1 VS Jarla IF 
12日 9:30   グループリーグ  ×2-5 VS Forssa BK
    15:40  グループリーグ ○1-0 VS Varmdo IF
13日14:50   グループリーグ ×0-3 VS Enkopings IS
14日18:40   グループリーグ VS IFK Lidingo
15日      決勝トーナメント
16日 移動 電車  ボルランゲ→ウプサラ→イエテボリ 
18日 ゴチアカップ(イエテボリ)スタート
  11:00 グループリーグ ×1-3 VS Skärhamns IK(スウェーデン)
19日12:00 グループリーグ     VS IFK Haninge(スウェーデン) 
20日08:00 グループリーグ     VS Sussex Elite(イングランド)

 *4チーム中上位2位が決勝トーナメント、下位2チームがBトーナ​メント  

23日17:57 ベルリンへ移動(電車)
24日06:10 ベルリン到着
   16:00 ウランバートルへ出発(飛行機)
25日05:30  ウランバートル到着
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/07/18(月) 23:46:14|
  2. スウェーデン,・ドイツ遠征
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<<世界最大ゴチアカップ> 世界的英雄ラーションが見守る天覧試合を体験 | ホーム | <Dalecarlia Cup> グループリーグ5試合終了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fcderensumida.blog.fc2.com/tb.php/39-d94b3ce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴティア・カップで知的障がい者クラスが開幕

スウェーデンのヨーテボリで開かれている国際ユース大会「ゴティア・カップ」で、今年度から新設された知的障がい者クラス「キム・シェルストレム・トロフィー」が19日に開幕した。 ...
  1. 2011/07/20(水) 13:12:49 |
  2. スカンジナビア・サッカーニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。