モンゴルから世界へ FC Sumida Ulaanbaatar Champion!

FC墨田ウランバートル会長の森本高史です。2009年11月、世界一になるべくモンゴルでサッカークラブを作りました。13年4月新体制としてスタートを切りました。応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デレン墨田発展中期プロジェクト ヨーロッパ・ラトビアセレクション開催

logoauda[1]



<デレン墨田会長・森本高史プロデュース、ヨーロッパサッカーセレクション開催!>  

2月8日(金)大阪、9日(土)千葉県検見川、10日(日)千葉県検見川にて、ラトビアの古豪FKアウダ(ラトビア・ディビジョン1実質2部)のセレクションを開催することになりました。

FKアウダ(ラトビア実質2部)と、デレン墨田について。

デレン墨田が、11年6月にスウェーデン遠征を行った際に、FKアウダユースがおり、幹部とエキサイティングフットボールトークで意気投合。ヨーロッパではラトビアはまだ結果を残せていないが、今後に向けて頑張るFKアウダの一助となりたいと強く思った。

FKアウダ(FK AUDA)は、旧ソ連時代の1969年創設。クラブカラーが緑メインの緑黒であり、まさしくかつて東京ヴェルディを彷彿させる。東京ヴェルディと同じく、かつてはラトビア王者に輝きながら、現在はファーストディビジョン(実質)2部所属。そして、財政難に見舞われている。



IMG_0500_convert_20130120124409.jpg


ラトビアは、東ヨーロッパに位置する人口200万人程度の小国。苦しい経済状況。サッカーの人気は、それほど高くなく、バスケットボールやアイスホッケーが絶大な人気を誇る。サッカークラブの経営は困難を極める。

それゆえ、ラトビアのクラブの多くは、ユース育成を行えない。しかしながら、FKアウダは、子供たちにサッカーを楽しんでもらうことがラトビアサッカーの発展と捉え、積極的にユース育成を行っている。デレン墨田の理念と共通するものがあり、スウェーデン遠征で会ったのも何かの縁だ 。

ラトビアには、この2、3年数多くの日本人選手がプレーしてきた。小澤竜己(元FC東京など)、赤星貴文(元浦和レッズなど)、柴村直弥(元アビスパ福岡など)、武田英明(元松本山雅など)などその数は10人以上を超える。

赤星貴文(元浦和レッズなど)は、ラトビアで活躍し、現在はポーランドMKSポゴニ・シュチェチンへステップアップ。

斉藤陽介(元横浜F・マリノスなど)は、昨シーズン、スモールクラブで活躍し、トップクラブへ移籍。UEFAチャンピオンズリーグ予選に出場。ブンデスリーガ、CSKAモスクワ(本田圭祐所属)、フランス、ポーランド、アゼルバイジャンのクラブが虎視眈々と獲得を狙っている。

実際にラトビアでプレーする日本人選手たちも、ラトビアの厳しさを指摘する。でも、それは本質的なことであり、表面的なことに過ぎない。

ラトビアトップリーグ「ヴィルスリーガ」とJリーグの比較。レベル、環境、サポーターの数、給料は、Jリーグの方が圧倒的に上回っている。FKアウダ(FK AUDA 2月8日大阪、9日千葉県、10日千葉県セレクション開催)は、実質2部所属なので、決してはややかな世界ではない。

ラトビアは、ヨーロッパ。EUの加盟国が増加しているように、ヨーロッパに国境はなくなってきている。サッカーの世界も同様。活躍した選手は、他国のクラブからオファーが届く。よりレベルの高いリーグ、より高い給料をもらえる。逆に活躍しなければなにもない。

ラトビアでプレーすることは、結果至上主義の世界を肌で経験することになる。遠く離れた東欧バルト3国のラトビアでチャレンジすることは、サッカーのみならず人生においてかけがえのない経験となる。

FKアウダ(FK AUDA 2月8日大阪、9日千葉県、10日千葉県セレクション開催)には、ビッグネームもスター選手は必要ない。チームの不動のレギュラーを獲得し、13年4月下旬開幕予定の2部で優勝を果たす原動力となる選手。異国の地に適応し、どんな状況だろうと全力を尽くす選手。

そして、FKアウダ(FK AUDA)を強豪チームへとレベルアップを遂下るのと同時に、選手もFKアウダが最終ゴールではなく、ラトビアからプレミアリーグ、ブンデスリーガ、セリエAへとステップアップし、どんどんビッグになってもらいたい!

サッカーにおけるラトビアは、ヨーロッパの玄関口。今年は日本人選手が、FKアウダ(FK AUDA)にチャレンジする1年になる。


IMG_3026_convert_20120221024841.jpg



4年後には、デレン墨田・モンゴルの明るい未来を担う若者たちの初期選手が、19、18歳となる。モンゴルからいきなりブンデスリーガ移籍は難しいが、ラトビアで活躍し、そしてスイスやベルギーにステップアップすれば、ブンデスリーガやプレミアシップ移籍も可能だ。

デレン墨田・モンゴルの明るい未来を担う若者たちの将来のために、FKアウダ(FK AUDA 2月8日大阪、9日千葉県、10日千葉県セレクション開催)のセレクションを成功させ、素晴らしい選手を送ることで、FKアウダからの信頼を勝ち取りたい。そしてモンゴル人選手の将来につなげていきたい。


FKアウダの日本セレクションに関しては下記の特設サイトからどうぞ。

http://irmax-soccer.com/



IMG_0476_convert_20130120124524.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/01/20(日) 12:59:05|
  2. デレン墨田中期プロジェクト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<FKアウダ・ラトビア2部の日本セレクション(FK AUDA 2月8日大阪、9日千葉県、10日千葉県開催) | ホーム | 決定! 今井敏明・デレン墨田新監督!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fcderensumida.blog.fc2.com/tb.php/78-4eb754eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。